蹄踵収縮(Contracted Heels) ~ 長期間の馬房休養、不十分な運動、過度の湿気、蹄と踵の不均衡な負荷バランス、不適切な装蹄



蹄踵収縮は、肢の内側と外側の臀部が通常よりも狭くなり、蹄が萎縮する可能性がある状態です。通常は前肢に発生しますが、馬の後肢にも発生することがあります。


蹄の幅が蹄の長さの3分の2以下の場合、馬の肢は収縮していると考えられます。


この症状は、すべての年齢の馬に発生します。


若い馬では、先天的または後天的に発症します。馬は遺伝的に、あるいは環境や管理上の要因(長期間の馬房休養、不十分な運動、過度の湿気、蹄と踵の不均衡な負荷バランス、不適切な装蹄の結果など)によって蹄踵収縮を発症する可能性があります。


削蹄の際に装蹄師が蹄鉄を取り除くと、蹄への圧力が不足し、踵が縮んでしまいます。


また、つま先が長くかかとが低い馬や、蹄が伸びすぎている馬も、かかとが縮む原因となります。つま先が長いと、肢が地面に着いたときに蹄の膨張が抑えられるため、踵が縮んでしまうのです。

症状



●踵の狭小化

●熱感

●跛行

●歩幅の短縮

●蹄の萎縮

●前肢に発生する

診断



●跛行検査

●X線写真

●核医学検査

●超音波検査

●MRI

治療



肢を毎日10~14日間水に浸した後、矯正靴を履く。


油やワックス状の物質を含む保湿製品は、蹄に水が入らないように注意して使用する必要があります。各枝の釘が3本以下のスリッパシューズは、蹄の拡張を促進します。


クオータークリップおよび4番目の釘は避けるべきです。獣医師は、かかとの拡張を助けるために、四分の一の蹄壁を薄くしたり、蹄冠と平行に蹄壁に溝を付けたりすることができます。


四分の一が成長するにつれて、かかとと四分の一が正常に拡張されるまで、手順を繰り返す必要があるかもしれません。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280