馬伝染性子宮炎(Contagious Equine Metritis (CEM)) ~ 交尾により感染した雌馬は子宮炎を発症し子宮滲出液を排出して治癒するまで不妊となります



馬伝染性子宮炎(CEM)は伝染力の強い馬の感染症で、子宮頸管炎や膣炎を伴う子宮内膜炎、一過性の不妊症、まれに流産を特徴とします。


この病気は、球桿ないし桿状の微好気性グラム陰性菌である(テイロレラ・エクイジェニタリス:Taylorella equigenitalis)によって引き起こされます。


CEMは国際獣疫事務局(OIE)に登録されている疾患です。


米国では、CEMは報告された疾病に分類されており、感染した馬や曝露された馬の厳格な検査、治療、検疫手続き、監視が行われ、大発生を最小限に抑えています。


CEMは貴重な馬の繁殖事業に大きな経済的損害を与える可能性があります。


また、この病気は、国をまたいだ種馬の国際的な移動の増加により、繁殖牝馬の一過性の不妊症を広範囲に発生させる可能性があります。

臨床徴候



CEMに感染した馬は、感染後48時間以内に多量の粘液性膣分泌物および子宮頸部分泌物を発症し、2~3週間続きます。CEMの特徴的な徴候は、一過性の不妊症です。

伝播



テイロレラ・エクイジェニタリスは、無症候性キャリアの種馬(CEMに感染しているが、外見上の臨床症状を示さない種馬)や感染した雌馬が、交配中や汚染された排泄物(飼育器具、洗浄用バケツ、架装台など)との間接的な性器の接触により伝播します。


また、精液採取の過程でも感染する可能性があります。

潜伏期間



潜伏期間は2~14日で、ほとんどの感染は繁殖後10~14日で明らかになります。

治療



雌馬も雄馬も、消毒用スクラブや抗菌剤を使ってうまく治療することができます。


最も重要なことは、治療後、回復した馬では妊孕性が正常に戻ることです。米国では、到着後の検疫で少数のCEM症例が検出されています。

症状



●多量の粘膜膿性膣分泌物

●太ももの内側の乾燥した膣分泌物

●一時的な不妊症

●早期流産

診断



●細菌培養 -「ゴールドスタンダード」と見なされています。

●PCR

●補体結合反応(CFT) – 急性感染した繁殖牝馬の感染を検出するには価値があるが、慢性感染したキャリア牝馬を特定するには信頼できない。

治療



※抗生物質

トリメトプリム – スルファメトキサゾール(30mg/kg)を1日2回、経口投与

※感染した雌馬の場合

陰核洞の洗浄、消毒、徹底した洗浄

予防



※繁殖前の馬のCEMの細菌培養を行う。

※精液採取器具は、種牡馬の間に必ず洗浄・消毒します。

※馬の移動や精液の出荷などの記録を残す。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280