接触皮膚炎(Contact Dermatitis) ~ 皮膚に何らかの物質が触れそれが刺激やアレルギー反応となって炎症を起こしたもの



接触皮膚炎とは、刺激物と馬の皮膚が直接接触することで起こる炎症性の皮膚反応です。


水分(湿度の高い天候、発汗、入浴など)が反応を促進します。


掻痒(かゆみ)は軽度から重度まであり、時には痛みを伴います。初期病変としては丘疹や小水疱が発生し、その後、馬が痒みに反応した結果、様々な種類の二次病変が発生します。


馬の接触皮膚炎を引き起こす可能性のある植物には多くの種類があり、そのいくつかを紹介します。


●ケマンソウ (華鬘草)

ケマンソウ(Dicentra spectabilis)は、ピンクや白のハート型の花が垂れ下がり、ハートに似ているのが特徴的なケマンソウ亜科の多年草です。


この植物は通常、馬の放牧地では育ちませんが、観賞用として納屋の周辺や庭に植えられることがあります。馬がこれらの場所に近づくと、この植物に触れて接触皮膚炎を起こす可能性があります。


●ラッパスイセン

ラッパスイセン(Narcissus spp.)は、早春に咲く春咲きの人気の球根です。


黄色からクリーム色の魅力的な花を咲かせます。花は通常、1つまたは小さなグループに分かれており、それぞれの花の中央にラッパ状のコロナを持つ6枚の花弁があります。


これらの花は、何らかの理由で馬の放牧地でよく見られ、また、観賞用として納屋の近くや中に植えられることもあります。


●キンポウゲ属

ミヤマキンポウゲ(Ranunculus acris)は多年草で、春の終わりに馬の放牧地でよく見られ、初夏に成長のピークを迎えます。


通常は問題になりませんが、キンポウゲが牧草地の主要な植物となっていて、馬が暴露せざるを得ない場合は問題になる可能性があります。


●だんごぎく(団子菊)

だんごぎく (Helenium autumnale) は、キク科ヘレニウム属で、丈が高く、ざらざらした多年生草本です。


晩夏には黄色い花をたくさん咲かせます。


アメリカ・メキシコ原産で、亜熱帯から温帯の気候に生育します。一般的には、夏の中頃から終わりにかけて、雑草の生い茂った牧草地やフェンスラインに沿って見られます。


接触皮膚炎の原因は多岐にわたりますが、毛布、フライシート、レッグラップ、タオル、サドルパッドあるいは飼育員が身につけているものに使われている特定の衣類のような素材、グルーミングツール(特にブラシ)、局所的な殺虫剤やシャンプー、馬房の敷料、薬、そして牧草地や厩舎内、ある種の植物(接触皮膚炎を引き起こす植物)など、原因は多岐にわたります。


反応の場所によって、その原因を特定することができます。


胴回りの反応は、胴回りの素材に関連している可能性があります。馬の下肢の反応は、接触性皮膚炎の原因となる植物や、レッグラップ(馬用プロテクター)の素材に反応したものである可能性が高いです。

症状



●脱毛

●皮膚の乾燥

●かゆみ

●皮膚の発赤

●痂皮

診断



●病歴

●臨床兆候

●パッチテスト

治療



※原因の究明と排除

接触性皮膚炎の原因への暴露から馬を排除または最小化するために環境または管理上の変更を行う

※グルココルチコイドの外用または全身投与

重度の反応ややむを得ない場合に必要となる場合があります。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280