先天性心疾患(Congenital Heart Defects) ~ 出生時に存在する心臓の構造上の問題です



先天性心疾患とは、出生時に存在する心臓の構造上の問題です。


これらの欠陥は、心臓の内壁、心臓内の弁、または心臓や身体に血液を運ぶ動脈や静脈に関わるものです。先天性心疾患は、心臓を流れる血液の正常な流れを変化させます。


心血管検査を受けた馬の約3%が先天性心疾患と診断されます。また、生まれたばかりの仔馬の90%が可聴雑音を有し、96%が様々な不整脈を持っていることが報告されていますが、通常は出産後15分で消失します。


先天性心疾患は、できるだけ早期に発見することが重要です。


ある種の欠陥は手術で修復することができ、欠陥がうっ血性心不全や取り返しのつかない心臓の損傷につながる前に治療を行う必要があります。


購入したばかりの馬に欠陥が見つかった場合、返品して返金を受けることができる場合がありますし、先天性の心臓障害を持つ馬は早死にする可能性が高い。


競技用のために購入した動物は、潜在能力が限られており、満足のいく結果が得られない可能性が高いです。早期発見はまた、育種系統に遺伝的欠陥が継続するのを防ぎます。


馬に見られる先天性心疾患は、心室中隔欠損症(VSD)が最も多く、次いで動脈管開存症(PDA)、心房中隔欠損症、卵円孔開存症、弁異形成症、閉鎖症の順となっています。

症状



●運動能力の低下

●速い呼吸

●チアノーゼ

●咳

●筋力低下

●体調不良

●跛行

●頸静脈波

●下肢または腹部の腫脹

●体重減少

●失神

●発育不良

診断



※身体診察

※心電図検査

※X線写真

※心エコー検査

治療



※治療法は、診断された特定の先天性心疾患によって異なります。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280