コンパートメント症候群(Compartment Syndrome) ~ 馬の片側前肢に重度の跛行が急性に発症する稀な原因



コンパートメント症候群(筋区画)は、馬の片側前肢に重度の跛行が急性に発症する稀な原因です。


コンパートメント症候群は、筋肉や神経を含むコンパートメント内の圧力が危険なレベルまで上昇したときに起こる緊急事態と考えられています。


圧力が上昇すると、影響を受けた組織への血流が減少し、酸素が神経や筋肉細胞に到達できなくなります。この状態を放置すると、組織が永久的に損傷を受け、四肢の機能が失われることがあります。


コンパートメント症候群は、外傷(固定された物体との衝突、転倒、他の馬からの蹴り)、熱傷、馬の脚をきつく巻きすぎて起こることがあります。


また、コンパートメント症候群は急性型と慢性型があります。急性型は1回の発作後にコンパートメント内に重度の高圧を伴い、慢性型は運動中に筋肉内の圧力が極度に上昇する運動誘発性の状態です。

症状



●重度の跛行

●肘部脱落の外観

●触診時の痛み

●圧力をかけると固さが増す

●皮膚感覚の低下

●むくみ

●可動域の減少

●患肢の脈の質の低下

●触ると冷たいと感じる部位

治療



※手術

予防



※ケガをした後の早い段階で獣医師に相談しましょう。特に、落下、衝突、蹴りなどの高エネルギー衝撃によるケガには注意が必要です。


※馬の足に適切に包帯を巻く方法を学んだり、経験豊富で知識のある人に包帯を巻いてもらいます。

予後



●損傷の程度および慢性度と治療に対する反応に依存します。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280