馬の大腸炎(Colitis) ~ 馬の大腸の炎症を伴う急性かつ致死率の高い疾患



大腸炎は、馬の大腸の炎症を伴う急性かつ致死率の高い疾患です。


大腸のサイズが大きいため、馬にとって大腸炎は深刻な病気です。大腸炎の発症に関与する2つの主要な感染因子は、クロストリジウム・ディフィシル(Clostridium difficile)とサルモネラ(Salmonella)です。


また、ウェルシュ菌(クロストリジウム・パーフリンジェンス:C.perfringens)も大腸炎の馬の大腸で頻繁に発見されることから、関与していると考えられていますが、その具体的な関与は不明です。


大腸炎を発症する原因には、感染性のものと非感染性のものとがあります。

非感染性の原因としては、寄生虫、NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)や抗菌剤の使用、アルファルファ乾草(干し草)に含まれるはんみょう類の昆虫(ツチハンミョウ)の摂取、様々な種類の有毒植物の摂取などが挙げられます。


大腸炎の原因としてよく知られている植物には、ドングリやオークの若葉、キョウチクトウ、キンポウゲ、ベラドンナ、シャクナゲやツツジ、ヨウシュヤマゴボウ、とうごま (唐胡麻)などがあります。

症状



●発熱

●速い呼吸

●疝痛

●呼吸数の増加

●心拍数の増加

●嗜眠

●重度の下痢

●極度の脱水

●ショック

●突然死

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●手術

治療



※重度の脱水の治療には大量の輸液が必要です。

※高用量のコルチコステロイド

※電解質(塩分)の補給

予防



※牧草地に有毒植物がないことを確認する

※アルファルファヘイを購入する際には、購入先に注意しましょう。

※獣医師の勧告に従って、馬を定期的に駆虫してください。

予後



●ほとんどの場合致命的。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280