疝痛(Colic) ~ 腹痛を表す言葉で、世界的に最も一般的な馬の緊急事態の一つです



疝痛は、腹痛を表す言葉で、世界的に最も一般的な馬の緊急事態の一つです。


疝痛は、英国および米国に生息する馬において、1頭の馬齢あたり4~26回の発症率と、6.7~11%の致死率が報告されています。


疝痛の可能性を高めると報告されている危険因子は数多くあります。確認されている危険因子は以下の通りです。

●以前に疝痛を起こしたことがある。

●年齢

●繁殖

●飼料関連:粗飼料、飼料の量や種類の急激な変化、欠食、水分摂取不足、非食物の摂取、有毒植物の摂取、飼料管理、乾草の品質、マイコトキシンの存在


季節や天候に左右される


●行動関連:(齰癖):クリビング/ウィンドサッキングの履歴

●地理的に関連:土壌の種類、干し草の種類

●予防管理関連:内部寄生虫負荷、日常的な歯科治療の欠如

●地理的に関連している

特定の地域に住んでいる馬は、特定のタイプの疝痛を発症するリスクが高いと言われています。例えば、砂地の地域に住んでいる馬は、粘土地の地域に住んでいる馬に比べて、砂疝痛や腸結石症を発症するリスクが高いと言われています。

●食餌関連

食餌に関連する危険因子は通常、消化管障害の発生率増加と関連しています。


これらには、過剰な穀物の給与、品質の悪い穀物、消化率の低い粗飼料または粗繊維の給与、丸いベールの給餌、緑豊かな牧草地、干し草または穀物の種類の変更、給餌方法や量の急な変更、欠食などが挙げられます。

疝痛の一般的な腸の原因



●疝痛の種類

※ガス

●説明

※通常、大腸または盲腸でのガスの蓄積によって引き起こされます。 ガスが腸を伸ばし、馬の痛みを引き起こします。


●疝痛の種類

※痙攣発作

●説明

※腸壁の痙攣や収縮の亢進によって引き起こされる。


●疝痛の種類

※宿便

●説明

※腸内に飼料が溜まり、閉塞を起こした結果。


仙痛では、馬の世話をする人が早期に認識することが重要です。


しかし、馬の痛みに対する耐性や痛みの程度によって、症状が大きく異なることがありますので注意が必要です。


疝痛の90%は、迅速に対処すれば獣医師による内科的治療が可能ですが、中には問題を解決するために直ちに緊急手術が必要なものもあります。


馬の管理には、疝痛予防と疝痛の認識に重点を置くべきです。


疝痛の既往歴がある馬、疝痛が起こりやすい地域に住んでいる馬、疝痛に関連する可能性のある気象パターンや季節には、その期間中、より多くの注意を払う必要があります。


また、馬が日常的に十分な水を飲めるようにするための対策を講じる必要があります。このような対策には以下のようなものがあります。

●飼料に水を加える

●水桶や水汲みバケツに毎日水を入れる(研究によると、馬は水の量が多いほどより多くの水を飲む傾向があるそうです)。

●電解質を食餌で補う。

●複数の新鮮な水源を提供または設置する。

症状



●繰り返し起き上がる。

●転がる、または転がろうとする。

●腸音の減少。

●繰り返し地面を撫でる。

●お腹を何度も蹴ったり噛んだりする。

●長時間の横になっている状態

●尿意をもよおすように体を伸ばす。

●犬のような姿勢で座る。

●糞便の減少または欠如。

●体重移動

●急激な呼吸と鼻孔の拡張

●脈拍数の上昇

●沈鬱

●落ち着きがない。

●発汗

●下痢

●頻繁にガスが抜ける。

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●血清アミロイドA (SAA)

●超音波

●胃カメラ

●レントゲン写真

●手術

治療



※医療管理

NSAID (フルニキシン、フェニルブタゾン、メロキシカム)、経口補液、鎮痙薬、鎮静薬、下剤、オピオイド、電解質、静脈内輸液、徒歩での外出または馬運車への乗車


※手術

手術が必要と判断された場合、治療だけでなく診断も兼ねていることが多いです。手術を行うかどうかは、馬の予後を向上させるために、できるだけ早い段階で決定されるべきです。

予防



※馬への給餌や世話は、できるだけ一貫した日常的なものにしましょう。

※飼料や飼料の頻度、量、種類の突然の変化を避ける。

※高品質飼料と乾草を給与する。

※推奨される駆虫方法を実施する。

※歯科検診とワクチンを怠らない。

※ストレスを最小限に抑える。

※馬には常に新鮮な飲み水を与える。

※定期的な糞便検査の実施

※馬に定期的な運動や放牧をさせる。

予後



疝痛の原因と、治療時の馬の全身状態によって大きく異なります。


しかし、内科的な治療を受けた馬や、外科的な治療で腸の切除を必要としなかった馬の予後は良好です。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280