コルヒチン(Colchicine) ~ 尿酸の結晶が関節に沈着して痛みを引き起こす代謝性疾患である鳥の痛風の治療に最もよく使用される薬



コルヒチンは、尿酸の結晶が関節に沈着して痛みを引き起こす代謝性疾患である鳥の痛風の治療に最もよく使用される薬です。またアミロイドーシスの治療にも用いられます。


これは、コルヒチンがコラゲナーゼと呼ばれる酵素を刺激してコラーゲン蛋白を分解し、肝細胞のアミロイドA合成を阻害するためです。


保管に関する推奨事項:本剤は、直射日光を避け、常温で保存すること。

剤形



0.6mg錠が利用可能です。

投与量



0.04mg/kg/日、BID経口投与。

副作用



●場合によっては、体内のビタミンB12 (コバラミン) が枯渇することがあります。

●非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)を同時に使用すると、その薬の骨髄への悪影響が増大する可能性があります。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
広告336×280