蹄骨骨折(Coffin Bone Fracture) ~ 罹患した馬の跛行の程度は骨折の場所によって異なります



蹄骨は、蹄骨、第3指骨、末節骨とも呼ばれます。四肢の最も体重の掛かる部分にある骨で、蹄の内側に内包されています。


蹄骨の骨折はいくつかの種類がありますが、最も一般的なものは次のとおりです。

●岩を踏むこと


●乾燥した粘土や岩場、凍った地面など、表面が非常に硬く、不規則な場所で運動したり、外に出たりすること。


●馬房の壁を蹴る


●ジャンプして、非常に激しく、または斜めに着地する



蹄骨の骨折は、蹄骨翼(側面)、中心部(胴体)、伸筋突起、蹄骨の下縁(周囲)に沿って起こります。

蹄骨骨折を伴うウマの臨床症状



罹患した馬の跛行の程度は、骨折の場所によって異なります。


伸筋突起と蹄骨の下縁の骨折は通常、軽度の跛行(5段階中の1~2段階)となり、中央と翼の骨折は中程度から重度の跛行(5段階中の4~5段階)となる傾向があります。


蹄骨は完全に蹄底面の中に入っているので、触診しても腫れや痛みはありません。

蹄骨骨折の診断



蹄骨の骨折は診断が難しいことがよくあります。


骨折の明らかな兆候(触診での腫れや痛み)がないため、骨折した骨の部分によって跛行が異なります。 蹄骨骨折を診断する唯一の方法は、X線撮影です。


ただし、蹄壁が骨折片の分離を障害しているため、受傷後2~3日経たないと骨折がX線写真に現れない場合があります。

症状



●跛行

●歩行へのへの抵抗

治療



※広めの馬房

ほとんどの足の骨の骨折の場合、成馬で必要な馬房で過ごす期間は通常3~4ヶ月です。その後、小さな牧草地で4~6ヶ月間の放牧を行います。


※矯正用靴

成馬の中心、翼、蹄底面骨折のほとんどは、蹄壁の膨張を制限するための特殊な靴を馬に装着し、馬は馬房で回復させることで管理されます。


※手術

ボーンスクリューで骨折を安定させることもありますが、感染症のリスクが高く、正確な位置にネジを留めるのが難しいため、通常はお勧めできません。

予防



●馬の放牧地を歩いて、緩んだ石を取り除きます。

●馬が馬房の壁を蹴らないようにしたり、外でのターンアウトの時間を長くしたりします。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280