コーヒーノキ ~ コーヒーの木の皮には過剰な量のカフェインが含まれていて家禽にとって有毒

5



コーヒー(コフィア ・アラビカ:Coffea arabica)は、エチオピア原産の亜熱帯の常緑低木。


コーヒーの木の皮は家禽にとって有毒であるため、敷料として使用したり、家禽が摂取できるようにしてはいけません。


ブラジルで馬が中毒を起こした事例がありますが、これはコーヒーの皮が馬房の敷料として使用されたことが原因です。


コーヒーの皮には、過剰な量のカフェインが含まれています。


コーヒーの木は、雨の多い春に白い香りのよい花を咲かせ、その後乾燥した季節に再び花を咲かせます。花の後に長さ1cmほどの小さな緑色の楕円形の実がなり、熟すのに9ヶ月かかる。


チェリーと呼ばれる小さな果実は、赤紫色に熟し、多くの場合、2つの種子が入っています。

症状

興奮性
落ち着きがない
不随意性筋振戦
呼吸数の増加

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280