クラブフット(Club Foot) ~ 深屈腱が拘縮することによって蹄関節が屈曲した状態



クラブフットは、若い馬の遠位指節間関節(DIPJ)の先天的または後天的な屈曲変形であり、深部指屈筋腱の拘縮の結果、蹄が歪むことになります。


クラブフットのほとんどは、1.5~8ヶ月齢、特に3ヶ月齢ごろの子馬で発症が多く認められます。成馬になってからの後天性クラブフットは、慢性的な跛行や怪我が原因である可能性が高いです。


クラブフットを持つ馬は、多くの蹄や脚の損傷を起こすリスクがあります。


これらの障害の中には、足趾と裂蹄、白線病、蹄葉炎、質の悪い蹄、踵の収縮、舟状骨の懸垂靭帯の炎症などがあります。これは、蹄がエネルギーをうまく負荷したり消散したりできないため、振動力が骨のある指の構造に伝わってしまうことが原因です。

症状



●冠状動脈の隆起または膨らみ

●非常に直立した蹄壁の角度

●かかとが地面につかない

診断



●病歴

●臨床兆候

●X線写真

治療



※食生活の改善

※毎日の運動

※治療的トリミングおよびシューリング

※オキシテトラシリン

※抗炎症薬

※理学療法

※手術

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280