グロリオサ ~ すべての部位は摂取すると鳥類に有毒

5



グロリオサとして知られるグロリオサ・スーパーバはアフリカから熱帯アジア原産の半つる性の球根植物で、花は分枝した枝先に下向きに咲き、花弁が波打つように反り返り、雄しべ・雌しべが目立つ独特な姿をしています。


日本には明治の末頃に輸入されました。

グロリオサの有害成分



グロリオサ・スーパーバのすべての部位は、摂取すると鳥類に有毒です。


有毒なアルカロイドであるコルヒチンやグロリオシンを含み、摂取後2~6時間以内に初期症状が出る。


コルヒチン、グロリオシンのほか、3-デスメチル・コルヒチン(3-desmethyl colchicine)、β-ルミコルヒチン(beta-lumicolchicine)、N-ホルミルデサセチル・コルヒチン(N-Formyldesacetyl-colchicine)、2-デスメチル・コルヒチン(2-desmethyl colchicine)、ケリドン酸(chelidonic acid)、サリチル酸(salicylic acid.)などの化合物が含まれます。

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280