ぺっとくすり

慢性進行性リンパ浮腫(Chronic Progressive Lymphedema) ~ 遠位肢に進行性の腫脹、角質増殖、線維化症などを生じる疾患



慢性進行性リンパ浮腫 (CPL) は馬の下肢のリンパ系に影響を及ぼす消耗性疾患です。


最も一般的に影響を受けるのは、シャイアー、ベルジアン、フリージアン、クライズデールなどの品種です。CPLは馬の生後早期に発症し、多くの場合、四肢に重度の醜状や障害をもたらします。


この病気は、人間に見られる象皮病に似ています。


CPLの臨床症状は非常に多様で、CPLが慢性化すると、下腿の肥大は永続的になり、腫れは固く厚くなります。


また、結節はゴルフボールのように大きくなることもあります。結合組織であるエラスチンの欠乏や異常がCPLの根本的な原因であると考えられています。

症状



●下肢の重度の腫れ

●皮膚の肥厚

●皮膚の硬化

●固い結節

●慢性二次感染症

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●臨床検査

治療



※緊急の支持療法

※手術

リンパ液排出

※圧迫包帯法

※管理

脚部の被毛を整える

※二次感染の迅速な治療

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280