コリン欠乏は成長中のヒナで問題になる可能性が高い



コリンはビタミン様の必須栄養素で、ニワトリの体内でいくつかの重要な機能を果たし、細胞構造の構築と維持に必須の代謝であり、肝臓における脂肪代謝に必須の役割を果たします。


脂肪の異常な蓄積(脂肪肝)を防ぎ、コリンは神経インパルスの伝達を可能にするアセチルコリンの生成に必須です。

ニワトリにおけるコリン欠乏



コリン欠乏は成長期の若い雛で問題となる可能性が高く、成長期のひなのコリン要求量は、一般に8週齢以上では欠乏を生じないので、加齢とともに減少します。


※最もよくみられる臨床徴候は以下の通りです。


●成長の鈍化


●腱の滑りに伴うペローシス

コリン食品源



すべての天然脂肪にはコリンが含まれているので、脂肪を含むすべての飼料からコリンが供給されます。


卵黄、穀類の胚芽、豆類、油糧種子食はコリンの良い供給源で、トウモロコシにはコリンが少なく、小麦、大麦、オート麦にはトウモロコシの約2倍のコリンが含まれています。

コリンの栄養必要量



ニワトリのコリン要求量は、飼料中200から700mg/kgの範囲です。


一般に、成熟ニワトリは十分な量のビタミンを合成すると考えられています。若い雛に過剰な飼料蛋白質または高脂肪を含む飼料を与えるとコリン要求量が増加します。


●初生雛(0-10週間)


200-400mg/kg


●若鶏(10-20週間)


200-400mg/kg


●産卵鶏(積極的に産卵する)


300-500mg/kg


●ブリーダー(20週間以上)*


300-500mg/kg


●ブロイラー/「肉鶏」品種の雛(0-18週)


350-700mg/kg


●ブロイラー/「肉鶏」品種*(19週間以上)


350-700mg/kg

コリン欠乏の臨床兆候



●成長の鈍化

●太く短いO脚

●フェザリングが悪い

●ペローシス

コリン欠乏の治療



コリン:飼料中500~1300mg/kg:経口栄養補助食品やコリンを多く含む食物源を給餌

コリン欠乏の予防



ひなには、ふ化後にビタミンB群をバランスよく与えます。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280