クロルテトラサイクリン(Chlortetracycline) ~ 古い抗生物質であり、テトラサイクリン系の1つです



クロルテトラサイクリンは古い抗生物質であり、テトラサイクリン系の1つです。米国、オーストラリア、カナダ、アイルランドでは商業用の産卵鶏への使用が認可されています。


クロルテトラサイクリンは、歴史的に鳥クラミジア症の治療に使用されてきました。 ただし、ドキシサイクリンが好ましい薬剤です。また、クロルテトラサイクリンはコクシジウム症の予防にも使用されています。

採卵期間



●オーストラリア


クロルテトラサイクリンは5日間未満で60mg/kg (27mg/lb)までの用量で、0日間の休卵とともにニワトリの飲料水に使用するようラベルに表示されています。


●アイルランド


クロルテトラサイクリンは、産卵鶏に20~25mg / kg(9~11mg / lb)の用量で5~7日間、4日間の休卵とともに薬用飼料の一部として与えられます。


●米国、カナダ


各製品製造業者の表示に従い、人が消費する卵を生産する産卵鶏への使用が認められています。


注意:長期の治療は異化作用と免疫抑制作用を持ち、正常な腸内細菌叢を減少させ、鳥が日和見二次感染にかかりやすくなる可能性があります。

投与量



5000mg / kgの軟質飼料を45日間

2500mg / L飲料水

副作用



●光線過敏症

●免疫力の低下

●正常な腸内細菌叢の破壊

●二次病原体による感染の影響を受けやすい。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
広告336×280