クロラムフェニコール(Chloramphenicol) ~ 肝臓および腎臓への毒性副作用の可能性があるため通常は最後の手段としてのみ使用されます



クロラムフェニコールは、家禽の重篤で生命を脅かす細菌感染症の治療に用いられる広域スペクトル抗生物質です。


多種多様な微生物に対して有効ですが、経口吸収は不安定であり、肝臓および腎臓への毒性副作用の可能性があるため、通常は最後の手段としてのみ使用されます。


米国では、クロラムフェニコールはペットとして飼われていない家禽への使用は承認されていません。「適応外」とされています。


注意:クロラムフェニコールは骨髄抑制を引き起こすことが知られており、腎臓または肝臓に損傷がある鳥類には十分に注意して使用すべきである。危険な貧血の原因にもなります。

剤形



注射液(100mg/ml)または経口懸濁液

投与量



50mg/kg、TIDまたはQIDの経口投与または80mg/kg BIDまたはTIDの筋注投与

副作用



●腎障害

●肝障害

●貧血

薬物相互作用



●アモキシシリン
クロラムフェニコールと併用すると、アモキシシリンの代謝が低下することがあります。


●クロミプラミン
クロラムフェニコールと併用すると、クロミプラミンの代謝が低下します。


●クロトリマゾール
クロラムフェニコールと併用すると、クロラムフェニコールの代謝を低下させることができます。


●シクロスポリン
クロラムフェニコールと併用することにより、シクロスポリンの血清中濃度を上昇させることができます。


●ジアゼパム
クロラムフェニコールと併用すると、ジアゼパムの代謝を低下させることがあります。


●ジクロフェナク
クロラムフェニコールと併用すると、ジクロフェナクの代謝が低下します。


●エストラジオール
クロラムフェニコールと併用すると、エストラジオールの代謝を低下させることがあります。


●フルオキセチン
クロラムフェニコールと併用すると、フルオキセチンの代謝が低下することがあります。


●メラトニン
クロラムフェニコールと併用すると、メラトニンの代謝を低下させることがあります。


●オメプラゾール
クロラムフェニコールと併用すると、オメプラゾールの代謝を低下させることができます。


●ペントバルビタール
クロラムフェニコールと併用すると、ペントバルビタールの代謝が低下することがあります。


●フェニトイン
クロラムフェニコールと併用するとフェニトインの代謝を低下させることがあります。


●プラジカンテル
クロラムフェニコールと併用するとプラジカンテルの代謝を低下させることができます。


●プリミドン
クロラムフェニコールと併用すると、プリミドンの代謝が低下することがあります。


●プロゲステロン
クロラムフェニコールと併用すると、プロゲステロンの代謝を低下させることができます。


●プロマジン
プロマジンはクロラムフェニコールと併用すると代謝が低下します。


●プロポフォール
クロラムフェニコールと併用するとプロポフォールの代謝を低下させることができる。


●セコバルビタール
クロラムフェニコールと併用すると、セコバルビタールの代謝が低下します。


●セレギリン
クロラムフェニコールと併用すると、セレギリンの代謝を低下させることができます。


●タモキシフェン
クロラムフェニコールと併用すると、タモキシフェンの代謝を低下させることがあります。


●テルビナフィン
クロラムフェニコールと併用すると、テルビナフィンの代謝が低下することがあります。


●テストステロン
クロラムフェニコールと併用すると、テストステロンの代謝が低下します。


●チアミラール
クロラムフェニコールと併用すると、チアミラールの代謝が低下することがあります。


●チオペンタール
クロラムフェニコールと併用するとチオペンタールの代謝が低下する。

スポンサーリンク
広告336×280