鶏伝染性貧血 ~ ニワトリ貧血ウイルス(CAV)によって引き起こされる雛の疾患



ニワトリ伝染性貧血(CIA)は、ニワトリ貧血ウイルス(CAV)によって引き起こされる雛の疾患です。この疾患は再生不良性貧血と免疫抑制を伴う全身性リンパ球萎縮を特徴とし、ウイルス、細菌、または真菌の二次感染を合併します。


CIAに関連する最も特異的な徴候の1つは、最初の感染から10~14日後に貧血を発症することです。それらのヘマトクリット値は、一般的には6~27%の範囲です。


顔色が青白くなって、沈うつ状態になります。病気の経過は約12~28日です。成鶏もCIAVに感染する可能性がありますが、通常は疾患の臨床徴候を発現せず、若い鶏の感染源として作用します。

鶏伝染性貧血の伝播



CIAVは垂直方向と水平方向の両方に広がります。感染した雛は5~7週間糞便中に高濃度のウイルスを排出し、他の雛は環境、飼料または水源の糞便汚染から摂取することにより感染します。群れ全体が感染するには、通常2~4週間かかります。

臨床兆候



●衰弱

●食欲不振

●逆立てた羽毛

●青白い鶏冠や肉垂れ・瞼・脚

●熱源の下に身を寄せていることが多い

●成長率の低下

●赤い皮膚から青白い皮膚への変色

●体重減少

●不活発

●元気消失

治療



●支持療法


群れから鳥を隔離し、安全で快適な、暖かい場所に置き、新鮮な水と食餌を与えストレスのない生活をさせます。


●アシュワガンダ


飼料サプリメントとして投与


●サイトカイン療法

予防



●ワクチン接種


繁殖鶏に弱毒生ワクチンと不活化ワクチンの両方を接種することにより、病気の垂直伝播を制御することができます。

スポンサーリンク
336×280