卵黄嚢感染 ~ 孵化したばかりのひなの一般的な死因



卵黄嚢感染としても知られる臍炎は、孵化したばかりのひなの一般的な死因です。最も一般的には大腸菌(症例の約70%)による感染が原因ですが、黄色ブドウ球菌、サルモネラ属、レンサ球菌属、エンテロバクター属、クレブシエラ属、シュードモナス属、アスペルギルス・フミガタスも原因となります。ひなは抱卵中、孵化中、育すう中に感染します。


●孵卵


バクテリアが孵卵中の卵殻に入るには、すでに孵卵器に存在しているか、またはその中に導入されている必要があります。 これは、孵卵器や関連機器(卵の回転装置、温度計)の不適切な消毒または消毒の欠如、孵卵器での汚れた卵の設置、または汚れた、特に湿ったまたは濡れた手で卵をキャンドリング(検卵)した結果として発生します。


無精卵または死んだ胚が孵卵器に残されている場合、特にそれらが爆発した場合、孵卵器を細菌で汚染する可能性があります。 これは、受精卵ではない卵子、または孵卵器内で死亡した胚を排除するためのキャンドリング(検卵)の重要性を示しています。


●孵化


ひなは、湿度を上げるために使われた古い汚染スポンジからの細菌にさらされたりすると、孵化期に感染することがあります。


●孵化後


ひよこが卵から孵化する直前に、へそを通して卵黄嚢を「吸収」します。卵黄嚢が完全に吸収されると、へそは乾きます。ただし、雛が孵化前に卵黄嚢を完全に吸収できない場合(または孵化する前に卵から助けられた場合)、体の外側に付着していない塊、つまり吸収されていない卵黄があります。


卵の卵黄は重要な栄養源であり、ニワトリの防御抗体です。ひよこがすべての栄養素を吸収できない場合、ひよこはそれほど強くなく、免疫系が弱くなります。さらに、吸収されていない卵黄嚢は細菌感染しやすくなります。卵黄嚢が感染すると、黄色がかった茶色から緑、黄色がかった赤に変色することがよくあります。


卵黄嚢感染症のほとんどのひよこは、孵化から24時間以内に死亡し、ピークは5~7日です。2日目または3日目に到達した雛は、他の鳥よりもはるかに小さいことがよくあります。 回復したひよこは免疫システムが貧弱で、他の日和見病原菌による感染の影響を受けやすく、慢性呼吸器疾患を発症します。

臨床兆候



●柔らかく膨らんだ腹部

●吸収されず肥大して見える卵黄嚢

●へその変色

●悪臭(腐った卵)

●卵黄のサイズ、外観の変化

●下痢で汚れた総排泄腔

●脱水

●衰弱

●垂れ下がった頭

●熱源の近くで群がる

治療



●支持療法


補助ふ化したひなのへそに1%ヨウ素溶液を塗布する。


●抗生物質


アミカシンまたはトブラマイシンを72時間。


●プロバイオティクス


生後2週間です。


●電解質


最初の24~48時間は経口投与。

予防



孵卵器および孵卵前に使用した装置および孵化材料を消毒する


無精卵の卵および死亡胚のある卵は直ちに孵卵器から除去する。


孵化後の最初の数日間、孵化した子と接触する可能性があるすべての表面を消毒する


保育器や孵化場の中にはほこりを落とさないようにする


ひなの免疫状態および卵黄嚢の再吸収に悪影響を及ぼすため、ひなを保育器から引き上げてから育すう器に入れるまでの間、ひなを最適な気候条件下で飼育し、低温または過熱を回避する。


孵化したばかりの雛が卵黄嚢をよりよく吸収できるように給餌と給水を遅らせる。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告336×280