鶏蜂窩織炎 ~ 重篤な細菌性皮膚感染症



鳥類の蜂窩織炎 (ほうかしきえん)は重篤な細菌性皮膚感染症です。大腸菌によって引き起こされることが最も多いのですが、緑膿菌、プロテウス・ブルガリス、エンテロバクター・アグロメランス、パスツレラ・マルトシダ、ストレプトコッカス・ディスガラクティエ、エロモナス、黄色ブドウ球菌、またはアクチノマイセス・ピオゲネスも関与する可能性があります。


鶏蜂窩織炎は通常、ニワトリの体の羽毛のない部分に起こり、皮膚が外傷を受けやすい。皮膚は腫れたりして赤くなり、触れると熱をもちます。脚や足に症状が現れている場合は、歩くのを嫌がったり、歩くのが困難になったりします。


罹患したニワトリは通常、擦過傷または開放創などの皮膚外傷の病歴があり、細菌が体内に侵入して皮下組織にコロニーを形成します。

臨床兆候



●腫れ

●発赤・赤み

●熱を持つ

治療



●支持療法


鳥を群れから隔離し、新鮮な水や食餌を与え安全でストレスのない快適で暖かい場所で管理します。


●抗生物質

予防



●皮膚の外傷のリスクを軽減

●300mg / kgのビタミンEまたは60,000 IU / kgのビタミンAを含む食事療法

●過密飼育をしない

●鶏が退屈で羽をつつく機会を減らすために、鶏を屋外に放すなどの豊かな環境を提供する。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告336×280