ぺっとくすり

ニワトリの白内障 ~ ブラマ種のニワトリは白内障を発症しやすい



白内障は目の水晶体を濁らせ、片眼または両眼を侵すことがあります。健康な目のレンズはカメラのレンズのように透明なので、光はレンズを通って目の奥から網膜まで届き、そこで画像処理されます。


白内障があると、光は水晶体を容易に通過できず、その結果、鶏は失明します。

ニワトリの白内障にはいくつかの異なる原因があります



●遺伝学


ライト又はダーク・ブラマ種のニワトリは白内障を発症しやすい傾向があります。


1991年に行われたある研究では、約200羽のライト又はダーク・ブラマ種の近交系群の69%の雄鶏と15%の雌鶏が片方または両方の目に白内障があり、また足の指が曲がっていたことが明らかになりました。


●特定の疾患


鳥脳脊髄炎またはマレック病


●食餌


栄養不足の食餌、特に十分な抗酸化物質とオメガ3脂肪酸が不足している食餌。


●環境


連続照明またはアンモニアへの暴露。

臨床兆候



●濁った眼

●瞳孔の可視白色度

●光に対する感度

●失明

治療



必要に応じて支持療法。盲目鶏の世話を参照してください。

ニワトリの失明 ~ 障がいを持って生まれたりしたニワトリでも幸せで健康的な生活を送ることができる
    ときに、ニワトリは失明したり、目がなくても孵化したり、片目または両目の病気や損傷の…


予防



飼料中のリボフラビンとビタミンAおよびEの摂取量が十分であることを確認する

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280