キャッサバ ~ 家禽にシアン化物中毒を引き起こす可能性がある



キャッサバ(マニホット・エスクレンタ:Manihot esculenta)、和名はイモノキ(芋の木)タピオカの原料は、南米原産の熱帯低木ですが、現在ではその根を食べるために世界中の熱帯・亜熱帯地域で栽培されています。


キャッサバの葉と根には2種類のシアン化合物(青酸配糖体)と青酸が含まれており、通常は商業目的での収穫時に除去されます。この植物は家禽にシアン化物中毒を引き起こす可能性があります。

症状

呼吸困難
運動失調
死亡

この記事のURLとタイトルをコピーする
スポンサーリンク
336×280
キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280