有機リン系・カルバメート系殺虫薬 ~ 乳剤・油剤・粉剤として全ての用法に用いることができる



有機リン化合物もカルバメートもコリンエステラーゼ阻害薬であり、害虫の体内にアセチルコリンを蓄積させる機序で殺虫効果を示す。


現在用いられているこの系の殺虫薬の多くは低毒素性薬物であり、害虫殺滅効果は強いが高等動物に対する毒性は弱い。


一般に殺虫スペクトルが広く、親油性物質であるから、乳剤・油剤・粉剤として全ての用法に用いることができる。


高等動物に対する毒性は主としてコリンエステラーゼ阻害によるので、アトロピンが中毒拮抗薬になります。

有機リン化合物


ジクロルボス(dichlorvos, DDV)

ジクロルボスは中程度の毒性を持つ速効性の有機リン殺虫薬です。ただし残効性は低い。


乳剤、油剤として用いられるほか、塩化ビニルに配合して成型した経口用のペレットや首輪としても用いられる。


また蒸散性があるので加熱蒸散板にも用いられる。


メトリホネート(metrifonate, トリクロルホン triclorfon)

低毒性であるので経口投与後の吸収による全身作用を期待することが出来る。


豚の疥癬虫の治療に用いる。


この薬物は水溶性である点で有機リン化合物中の特異な存在です。


クマホス(coumaphos)

ダニに対する作用が強いので、牛のマダニ駆除の目的に薬浴剤として用いる。


また欧米では牛の消化管内寄生虫の駆除にも用いている。


フェンクロルホス(fenclorphos, ronnel)

低毒性で、牛の飼料に添加して給餌するとウシバエやその幼虫を防除できるので、ウシバエ幼虫による被害の多い国では飼料添加物として用いている。


また外用にも用いる。


マラチオン(malathion)、フェニトロチオン(fenitrothion)

リン酸に結合する酸素が硫黄になっており、害虫体内でこの硫黄が酸化されて酸素にかわってオキソン体になって作用する。


主として外用に用いる。


その他の薬物:ジムピレート(dimpylate)、ナレド(naled)などが外用で用いられる。


カルバメート


カルバリル(carbaril)

ダニに対する効果が高く、主としてトリサシダニなど鶏の外部寄生虫の駆除に用いる。


低毒性の殺虫薬ですが家畜の中毒も知られている。豚への使用は多くの国で承認していないこれは次のような理由になります。


カルバリルは亜硝酸と共存するとニトロソ化合物になる。そこで、①カルバリルを豚に使用すると豚肉に残留する可能性があり、②豚肉からハムやソーセージを作製する時には亜硝酸が使用される可能性があり、③もし、ニトロソ化合物が形成されると発癌性物質として作用する可能性があります。


カルバリル以外のカルバメートとしてはプロポクスール(propoxur)が用いられる。
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280