蹄癌(Canker) ~ 湿った不衛生な環境で生活する荷馬や輓馬に関連する慢性的な蹄の感染症



蹄癌は、増殖性足皮膚炎の一般的な名称であり、湿った不衛生な環境で生活する荷馬や輓馬に関連する慢性的な蹄の感染症です。


しかし最近では、衛生管理の行き届いた馬に発症するケースが増えています。


また、テネシー・ウォーキング・ホース種にもリスクがあるかもしれません。一般的に足の蹄から始まるため、馬主は初期の段階では蹄叉腐爛と勘違いするかもしれません。


最近の研究では、牛パピローマウイルス(牛乳頭腫症)の感染に対する免疫反応の関与が示唆されていますが、これは馬の皮膚にサルコイドが発生するのと同じウイルスです。

蹄癌はどのように見えますか?



この微生物は、ケラチンの産生に異常をきたし、軟らかいクリーム状のカリフラワーのような増殖組織を発生させます。


悪臭を放つ乾酪性滲出液を伴うことが多く、蹄、溝、蹄底、隣接する蹄壁、冠状動脈に影響を与えます。蹄癌を治療せずに放置すると、肢の他の部分や、重症の場合は隣接する蹄壁にまで進行します。


感染の程度に応じて、馬は跛行することもあれば、しないこともあります。また、1本または複数の肢が感染することもあります。

蹄癌の治療法は?



蹄癌の治療には手術が必要で、その後6~10週間の馬房休養と毎日の蹄包帯交換を行います。


手術では、異常な組織のデブリードマン(病巣清掃)を行います。


重症度と罹患した肢の数に応じて、手術は馬が鎮静状態で立っている間に行われるか、全身麻酔で行われます。手術後、馬は清潔で手入れの行き届いた環境で馬房休養を行い、肢を清潔で乾燥した状態に保つ必要があります。


回復期には、治療を担当した獣医師による経過観察を頻繁に受けることが重要です。なぜならば、潰瘍性組織はしばしば再発し、感染を抑えるために追加のデブリードマンが必要になるからです。

症状



●柔らかいクリーム色のカリフラワー状の増殖組織

●蹄は出血しやすい

●触ると痛い

●様々な程度の跛行

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●生検

獣医さんを待っている間



※非常に清潔で乾燥した馬房で休養させる。

治療



※手術

鎮静または全身麻酔下で立って行われる外科的デブリードマン


※抗菌薬療法

メトロニダゾール/オキシテトラサイクリン粉末の局所塗布と組み合わせたトリメトプリムスルファまたはメトロニダゾール。


※局所シスプラチン化学療法

肢の包帯内に塗布し、1日おきに10回塗布します。


※包帯の管理

蹄の包帯やホスピタルプレートを用いる


※環境改変

清潔で乾燥した衛生的な環境を維持すること。

予防



※馬房や牧草地、特に隣接する水桶などの衛生管理を徹底する。

※馬房の定期的な清掃

※馬房には清潔で乾燥した高品質の敷科を用意し、その深さは少なくとも8センチ必要です。

※定期的に装蹄師にメンテナンスしてもらう

※毎日の肢の手入れ

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280