鳥トリコモナス症(鶏は上部消化管系に影響を及ぼす)



鳥トリコモナス症は、鞭毛虫の原虫であるトリコモナス・ガリナエによるトリの感染症です。 この病気は、鳩(約80〜90%が保因者です)で非常に一般的です。 ニワトリは通常、水または飼料を家畜または野生の鳩と共有することにより感染します。


トリコモナス・ガリナエは、湿った穀類中では少なくとも5日間、水中では20分から数時間感染し続ける可能性があります。 鳥類トリコモナス症は主に鶏の上部消化管系に影響を及ぼし、口腔および食道の内部に病変(チーズ様の膿瘍が多数形成される)を生じさせます。


鳥トリコモナス症(鶏は上部消化管系に影響を及ぼす)
鳥トリコモナス症(鶏は上部消化管系に影響を及ぼす)



病気が進行し、病変のサイズが大きくなると、鶏が餌と水を飲み込む能力を妨げることがよくあります。重症の場合、食道に発生する病変は非常に大きくなり、その開口部を完全に塞ぎ、鶏を窒息させる可能性があります。 また、口腔内の病変が非常に大きくなり、頭蓋底から脳に侵入するというまれなケースもあります。

鳥トリコモナス症の臨床兆候



●口腔に白または黄色のチーズ様の膿瘍

●嚥下困難

●吐き戻し

●削痩

●元気喪失

鳥トリコモナス症の支持療法・治療



鳥を群れから隔離し、安全で快適で暖かい場所に置き、ストレスのない生活をさせます。


●カルニダゾール


50mg / kgで1回経口投与。


●メトロニダゾール


1日2回10~30mg / kgを経口投与するか、100~200mg / Lの飲料水を7日間加えます。


飲料水に混ぜて使用する場合、メトロニダゾールは水に溶けませんので大さじ1~2杯程度の食酢で溶解させ飲料水に混ぜて与えます。


メトロニダゾール(Metronidazole)200mg


●トルトラズリル


50mg / kgで1回経口投与するか、25mg / Lの飲料水を2日間追加します。


●抗生物質


二次感染の場合に必要になることがあります。

鳥トリコモナス症の予防



鳩が鶏の餌箱や給水器に近づかないようにしてください。


衛生状態を維持する


野鳥が頻繁にニワトリ小屋を訪れる場合は、酸性化された硫酸銅(粉末状のブルーストーン)溶液を月に1回、3日間にわたって飲料水に加えます。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280