ぺっとくすり

腫瘍 ~ 鶏は腫瘍のリスクが高い



鶏は腫瘍のリスクが高い。腫瘍とは、あらゆる組織や臓器に発生しえ、制御不能で進行性の異常な細胞増殖と定義されています。ニワトリで同定される腫瘍の最も高頻度の型は、リンパ腫、卵巣/卵管腺癌、および扁平上皮癌です。

●リンパ腫:16%

●扁平上皮癌:11%

●卵巣/卵管腺癌:16%

●腎腺癌:5%

●膵臓腺癌:8%

●セミノーマ:0%

●腎間細胞腺腫:0%

●肝細胞癌:0%



腫瘍は、発生部位(上皮組織や間葉組織)、細胞系列、および良性(本質的に無害な)か悪性(がん性の)かによって分類されます。


●リンパ腫


リンパ系腫瘍は、マレック病ウイルス、トリ白血病ウイルスまたは細網内皮症ウイルス(REV)の感染に関連するか、または感染によって誘発されます。


リンパ腫は、さまざまな臓器や組織の1つ以上に発生することがあります。また影響を受ける臓器および組織の数および種類は、ウイルス株およびニワトリの品種および個体遺伝学に依存します。


リンパ腫は白色または灰色で硬く滑らかな小結節状の増殖として現れ、大きさは様々です。臨床徴候は、これらの腫瘍増殖の部位によって異なります。

臨床兆候



●体重減少

●体調不良

●意気消沈 憂うつ

●下痢

●嗜眠

●片足歩行(跛行)

治療



●支持療法

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280