子牛の下痢症(Calf Scour) ~ 下痢をしている子牛は脱水のリスクが高い



子牛下痢症は、子牛の下痢を引き起こすいくつかの胃腸疾患に関連する臨床徴候です。下痢をしている子牛は脱水のリスクが高く、下痢のために水分を吸収できません。


加えて、子牛はpHレベルの不均衡による電解質の損失とアシドーシスに苦しみます。

症状



●衰弱

●抑うつ

●窪んだ眼の容貌

●足取りが不安定または前後左右にふらつく

●茶色の水様性下痢

●血、赤さび色または粘液

治療



※支持療法:脱水を是正し、正常な酸塩基平衡を回復させ、体液中の塩分を補充するための迅速な輸液療法を行う。

予防



※すべての新生子牛に初乳を与える。子牛は生後2~4時間は授乳するか初乳を約2リットル、12時間は合計約4リットルを与えなければいけません。


※バイオセキュリティ

※衛生管理の徹底

※乾燥した場所で子牛を飼育し、牧草地の水はけをよくします。

※子牛を年齢別に分ける。

※予防接種(ワクチン)

※バランスのとれた食餌を与える。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280