ぺっとくすり

ゴボウ冠毛(Burdock Pappus) ~ 皮膚の炎症を引き起こしたり眼や口の中を傷つけたりする可能性があります



ゴボウ冠毛:牛蒡(ゴボウ属:Arctium spp.)は、トゲのある皮を作る葉状の二年草の属種です。ヨーロッパやアジアが原産ですが、世界中に持ち込まれており、侵入雑草とされています。


ゴボウは茎に沿って紫色の花を咲かせ、7月から9月にかけて開花します。種子はトゲのある皮の中に入っています。


ゴボウの実のいがは馬の体に付着し、皮膚の炎症を引き起こしたり、眼や口の中を傷つけたりする可能性があります。

症状



●眼脂、めやに

●眼瞼けいれん

●羞明(しゅうめい)強い光を受けた際に、不快感や眼の痛みなどを生じること

●涙を流す

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280