ぺっとくすり

打ち傷(あざ) ~ 緑がかった皮膚の変色として現れます



ニワトリのあざは、挫傷を示しています。 緑がかった皮膚の変色として現れます。 緑色は、ヘモグロビンが分解された後に発生するビリベルジン蓄積の結果です。 あざは通常、損傷後約2〜3日で皮膚に現れ、1週間以上続くことがあります。


足のあざは足関節の骨折の可能性があり、脚の場合は脚の骨折が考えられます。皮下出血は内出血を示唆する可能性があるため、飼育者は皮下出血を懸念すべきです。


もしあなたの鶏に青白い鶏冠があるなら、それは内部の出血を含んでいることを示しており、獣医による治療を必要とする緊急事態と考えられるべきです。

臨床兆候



●緑がかった皮膚の変色

治療



主な原因の特定と治療

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280