挫跖:ざせき(STONE BRUISE:Bruised Sole) ~ 痛みを伴う蹄の状態であり馬の跛行の原因となることがよくあります



挫跖(ざせき)は痛み(炎症)を伴う蹄の状態であり、馬の跛行の原因となることがよくあります。この症状は、蹄鉄を履いていたことがあり、最近蹄鉄を外した馬によく見られます。


蹄鉄を外した馬は、月に一度の蹄鉄修理にかかる費用を抑えたり、質の悪い蹄を丈夫にすることを目的としたり、病気や怪我の回復のために長時間の休養を必要としたりするために、馬主がよく行う行為です。


扁平足の馬、かかとの低い馬、つま先の長い馬がこの症状に陥りやすい。イベント中に発生することもあれば、イベントが終わった直後に発生することもあります。


また、砂利や岩、凍った土など、硬い場所や荒れた場所を歩かせたときに症状が出るなど、断続的に起こることもあります。


挫跖による痛みの程度は、馬の痛みに対する耐性、蹄の感覚、地面の状態によって、軽度から重度まで様々です。挫跖した馬は、末節骨の膿瘍、骨病変などを引き起こす蹄骨の下縁感染のリスクがあります。

症状



●跛行(軽度から重度、時には断続的)

●歩行への抵抗

●足に熱を持つ

●検蹄器に対する疼痛反応

●足の底部辺縁(solar margin)の変色

治療



※非ステロイド性抗炎症薬

※エプソム塩に蹄を浸す

※別の装蹄師による靴型装具の制作

予防



※硬いまたは凸凹な作業面を避ける

※リムパッドやフルソールパッド(足底パッド)の装着

※運動後に足の裏にクレイベース(粘土系)の湿布を詰める

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280