ニワトリの就巣性、就巣



就巣は、母親になりたい雌鶏が示す生理的状態または母親の行動です。彼らの生理学と行動は、この目標を達成するために変化します。 繁殖鶏は卵を孵化させるために卵の上に座ります。この間、雌鶏は次のことを行う場合があります。

●卵がなくても、巣箱に終日座っている。

●もし卵を見つけたら、雌鶏はそれを取って自分のお腹の下に置きます。

●産卵をやめる。

●食べない、飲まない。

●胸部と腹部から羽をむしる。これは、体から卵への熱伝達を改善するために行われます。

●異常に大きな糞をします。

●邪魔されると、防御的になったり、特徴的な噛み砕くような音を立てたりします。



下垂体ホルモンの1つであるプロラクチン(PRL)は、就巣性に重要な役割を果たします。 このホルモンのレベルが増加すると、ゴナドトロピンの産生を阻害します。これは、卵胞を刺激するものです。 活発に産卵している雌鶏にプロラクチンを注射すると、産卵が止まり、数日以内に抱卵します。


ある種の環境条件は雌鶏の育すうの開始を刺激します。暖かい天候、巣箱に卵を溜めておくこと、光への露出を減らすこと、ヒナを見ることは、育すうを誘発します。


ある種の鶏種は遺伝的に頻繁に就巣する傾向があります。シルキー種、コーチン種、オーピントン種、プリマスロック種、アイスランド種、アイオワブルー種、ナンキン種、デラウェア種、軍鶏の雌鶏、ダッチバンタム種、ニューハンプシャー種、インディアンゲーム種、ペキン種、バルブ・デュクル種、ブーテッドバンタム種、サセックス種などは、子育て中のひなに対して優れた母親であることでよく知られています。


白色レグホンのように、過剰な産卵のために選択的に飼育された品種は、めったに繁殖行動を示しません。これは、ふ化場で人工的に卵を孵化させるため、就巣は卵産業にとって好ましくないためです。

鶏が卵を抱きたがるかどうかはどうやって見分けるのですか?



卵を目の前に置くと、たいてい卵を自分のお腹の下に移動させてしまう。多くの場合、鶏をどこか別の場所に置くと、羽を広げてほんの少しの間その場所に巣を作り、最終的には巣に戻ります。

臨床兆候



●鶏が巣箱に長時間座っている

治療



治療は必要ありません、放っておいてください。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280