ブラーマ・ランシャン・サセックス

ブラーマ
ブラーマ

●ブラーマ(Brahma)

インドのブラマプトラ河の流域の原産。1846年にアメリカに、1853年にイギリスへ輸入され、そこで肉用種として改良されました。


一時は、かなり飼われましたが、もともと成鶏を肉用にするニワトリであったので、近年のブロイラー産業の発達に伴わない、能率では到底かなわず、白色コーニッシュの全盛時代となり、本種は衰微の一途をたどっています。

ブラーマの詳細



冠は3枚冠、羽色は淡色とバフ色とがあります。皮膚と脛の色は黄色、羽毛が多く、脚毛があります。体格は巨大で、成体重は、雌3.6kg、雄4.5~5.0kg。

能力



産卵数は、年100個くらい、晩熟で初産まで270日かかります。卵殻は赤色。

分布



原産地付近および東南アジア一帯に分布していますが、その数は少ない。しかも、純粋種でなく、本種の血液が入っているという程度のものが多い。


本邦にも輸入されたことはあるが、現在はいないまたは少ない。


ランシャン
ランシャン

●ランシャン(Langshan)

中国大陸北部原産の肉用種。1862年にイギリスに輸入されて、改良されました。その輸入もとの地方がランシャン地方であったといわれています。

ランシャンの詳細



単冠、羽毛は白、黒、赤などいろいろありますが、黒が多い。黒は光沢のある緑黒色です。

能力



性質温順で棚飼いに適する。晩熟、卵重は約35g、成体重は雌2.6kg、雄3.2kg

分布



イギリス、アメリカに少数残っている以外は、原産地付近に雑種が残っているくらいです。本邦にも明治2年(1888)に輸入されたことがありますが、現在はみられない。


サセックス
サセックス

●サセックス(Sussex)

イギリス原産の卵肉兼用種。羽毛の淡色のものをライト・サセックス(Light Sussex)といい、特に有名です。

サセックスの詳細



単冠、羽毛は淡色のもののほかに、赤褐色のものがあります。頸と尾部が黒く、いわゆるコロンビア斑を呈します。皮膚と脛は白色、体格はやや大型で、成体重は雌3.0kg、雄4.0kg

能力



産卵数は年、130~140個

分布



イギリス以外、あまり飼育されていない。本邦に輸入されたことはありますが、現在はいないと思われます。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280