ブラキスピラ属菌種(Brachyspira spp) ~ 腸管スピロヘータ症



ブラキスピラ属菌種は世界中で見られる嫌気性で、鞭毛を持ち螺旋状の (スピロヘータ) 細菌です。


宿主:ブラキスピラ属菌種(Brachyspira spp.)は盲腸および頻度は低いがニワトリ、キジ、七面鳥、ヤマウズラ、アヒル、ガチョウおよびレアの結腸にコロニーを形成しえます。


これらの鳥類の腸管感染に関与するブラキスピラの最も一般的な種は、ブラキスピラ・ピロシコリ(B.pilosicoli)とブラキスピラ・インターメディア(B.intermedia)です。


ブラキスビラ・アルビニプリ(B.alvinpulli)とブラキスピラ・ヒオディセンテリア(B.hyodysenteriae)はこれらの腸管感染症に関与することが少ない。

分類



目:スピロヘータ目

科:ブラキスピラ科

属:ブラキスピラ

宿主



※豚

※げっ歯類

※鳥

※人間

関連疾患



●腸管スピロヘータ症(Avian intestinal spirochetosis)

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280