牛結核(Bovine Tuberculosis) ~ 肺やリンパ節などに結節性の病変や体表リンパ節の腫大を示す



牛結核(bTB)は、世界中の牛が罹患する伝染性疾患です。これは、マイコバクテリウム・ボビス(Mycobacterium bovis:ウシ型結核菌)の感染によって引き起こされます。


主に牛の肺や縦隔膜リンパ節、肺門リンパ節に肉芽腫(結節性病変)が見られるのが特徴です。


伝播:感染した牛が糞便中にM.bovisを排出することによって汚染された環境基質を吸入または摂取することによって、間接的に牛に伝播します。


また、ミミズは汚染されたウシの糞便を摂取することでM.bovisに感染し、土壌中で最大4日間まで細菌を排出することができます。


海外では野生動物のアライグマ、ポッサム等が感染源として注目されており、また、アナグマもM.bovisの自然保菌者であることがわかっており、糞便中に菌を排出することができます。

症状



全身感染を起こした症例

●発咳

●被毛失沢

●食欲不振

●元気消失

●乳量減少

●痩削

治療



※支持療法

予防



※バイオセキュリティー

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280