牛カンピロバクター症(Bovine Genital Campylobacteriosis) ~ 繁殖能力の低下、流産、早期胚死



牛カンピロバクター症(BGC)は、カンピロバクター・フェタス亜種ベネレアリス(Campylobacter fetus subsp. venerealis(Cfv))とそのグリセリン耐性変異体、カンピロバクター・フェタス亜種ベネレアリス・ビオバー・インターメディウス(Campylobacter fetus subsp. venerealis biovars intermedius)によって引き起こされる牛の性感染症です。


これは、牛群において繁殖能力の低下、流産、早期胚死をもたらします。流産はいつでも起こりますが、最も一般的には妊娠4~6ヶ月で発見されます。


未経産牛や乳牛では、細菌が子宮や卵管に広がり、子宮内膜炎や卵管炎を引き起こします。この疾患は一般に雌牛では自然治癒します。


ほとんどの牛は感染後3~6カ月以内に回復して妊娠し、免疫は数年間持続しますが、感染期間がかなり長くなる牛もいます。


伝播:カンピロバクター・フェタス亜種(Campylobacter fetus亜種)、フェタス(Cff) は経口感染し、ウシとヒツジの腸にコロニーを作り、ほとんどがヒツジで、散発的にウシの腸炎と流産を引き起こします。


Cffはウシの生殖管(例:恥垢 (スメグマ):腟粘液)または流産胎児の内臓に認められます。

症状



●流産

●初期胚死

●不妊

治療



※局所療法・全身療法

※シース洗浄

温めたペニシリンとストレプトマイシン溶液を使用

※ストレプトマイシン溶液

IM(筋肉注射)

予防



※予防接種(ワクチン)

※人工授精

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280