ボツリヌス症(Botulism) ~ ほとんどの症例は致死的です



ボツリヌス中毒は、世界中の牛にとって非常に重要な神経筋疾患です。


ボツリヌス中毒は、クロストリジウム・ボツリナム(Clostridium botulinum)と呼ばれる芽胞を産生する嫌気性細菌の7つの異なる株が産生する神経毒によって引き起こされます。


ウシに感染する2つの株はC型とD型ボツリヌス毒素で、ボツリヌス毒素は、ボツリヌス菌が分泌するタンパク質で、神経伝達物質であるアセチルコリンのシナプス前放出を阻害することにより、筋肉の麻痺を引き起こします。


C.ボツリヌス菌は、クロストリジウム属菌であり、破傷風、エンテロトキセミア(髄質様腎)、気腫疽、および悪性水腫(ガス壊疽)の原因菌と同じです。


この細菌は胞子を形成する細菌で、腐敗した動植物の中で増殖し、周囲の環境中に致死性の高い毒素を速やかに産生することができます。


牛は、クロストリジウム・ボツリナムが生成する毒性化合物に対して最も感受性の高い動物の1つです。


ボツリヌス毒素は、ボツリヌス菌に感染した傷口から、あるいはボツリヌス菌に汚染された飼料やボツリヌス毒素を摂取した後に消化管から吸収されます。


また、バクテリアに成長して腸に定着した芽胞の摂取も毒素の産生と吸収を引き起こします。干し草は、レーキングやベーリングの過程で細菌に汚染されることもあります。


ボツリヌス菌は、pH4.5を超え、嫌気性 (非酸素) 環境にある食物源で増殖し、牛は最も感受性の高い種の一つです。

症状



●筋肉の麻痺

●呼吸困難

●食欲不振

●起立不能

●活力低下

●沈うつ

●歩様異常

●流涎

●舌麻痺

●咀嚼・嚥下困難、

●首を横に曲げうずくまる乳熱様姿勢

●横臥・四肢伸長

●呼吸不全に至り窒息死

治療



※ボツリヌス抗毒素

※ペニシリンの静脈内投与

予防



※ワクチン接種

※バイオセキュリティー

※リンとタンパク質を補給する。

※畜舎の死骸や骨を速やかに除去する。

※水源地を定期的にチェックし、野生動物の死骸がないか確認する。

予後



※ほとんどの症例は致死的です。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280