馬のボルナ病(Borna Disease) ~ 馬に伝染性の進行性非化膿性脳脊髄炎を引き起こすウイルス性疾患



ボルナ病(BD)は、ボルナ病ウイルス1(BDV-1)および2(BDV-2)によって引き起こされる感染症で、散発性の神経疾患です。


BDVは、モノネガウイルス目ボルナウイルス科に属するウイルスです。BDVは、18世紀にドイツで初めて馬の病気として認識され、当初は「Hitzige Kopfkrankheit der Pferde」と呼ばれていました。


その後、南ドイツのザクセン州にあるボルナ市にちなんでボルナ病と呼ばれるようになり、1885年に騎兵隊の馬に最初の伝染病が発生しました。


ボルナ病は、人間を含む世界中の様々な動物種に発生しますが、家畜、特に馬や羊などの家畜との関係での重要性が知られています。


また、ヒトだけでなく、ネコ、イヌ、ウシ、ヤギ、シカ、ラマ、アルパカ、サル、オオヤマネコ、トガリネズミ、ナマケモノ、ウサギなどでも発生することがまれに報告されています。


馬や羊では3月から6月に発症のピークを迎えますが、1年を通して発症することも報告されています。


BDVは世界中の動物で発見されていますが、動物での臨床発生率が最も高く、一般的なBD症例が確認されているのは主に中央ヨーロッパに集中しています。


ボルナ病は、ゆっくりと進行するニューロンの慢性感染を特徴とし、進行性非化膿性脳脊髄炎を引き起こし、それに伴う神経学的および行動学的徴候を罹患馬に示します。


ボルナ病の初期症状は、興奮性、攻撃性、無気力、抑うつなどの行動面に現れます。病気が進行すると、運動失調、感覚の低下、マヒ、不全麻痺、旋回などの神経学的な関連徴候が見られるようになります。

伝播



馬におけるBDVの感染については十分にわかっておりませんが、おそらく鼻腔感染経路を介して感染することが示唆されています。


BDVの感染率は、適切なげっ歯類の駆除や衛生管理が行われていない農場で高くなります。これは、BDVがネズミ目では垂直感染、ラットでは水平感染し、尿を介して感染するためと考えられます。

潜伏期間



馬におけるBDの自然潜伏期間は2~3か月ですが、実験的試験では最大143日であることがわかっています。

症状



●抑うつ

●興奮性

●嗜眠

●行動の変化

●食物摂取を伴わない咀嚼運動

●頻繁なあくび

●筋肉の振戦

●旋回

●運動失調

●麻痺

●不全麻痺

●頭の傾き

●疝痛

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●蛍光抗体法(IFA)

●PCR

治療



※支持療法

予防



※バイオセキュリティ

※鼠の駆除

スポンサーリンク
336×280