ボルナ病(Borna disease) ~ ウイルスによって引き起こされるまれな神経疾患



ボルナ病(BD)は、ボルナウイルス科ボルナウイルス属に属するウイルスによって引き起こされるまれな神経疾患です。


ボルナ病ウイルス(BDV)の自然感染は、主にヤギやヒツジに感染し、猫の神経疾患に関連している可能性があります。


ドイツ、オーストリア、スイスではヤギやヒツジに流行しています。

伝播



このウイルスは唾液、鼻、眼の分泌物を介して感染すると考えられています。

潜伏期間



ボルナ病の潜伏期間は1~6カ月と推定されます。

症状



●抑うつ

●行動の変化

●食物摂取を伴わない咀嚼運動

●頻繁なあくび

●筋肉の震え

●性格の変化と行動の異常

●頭部傾斜

●運動失調

●発熱

●脳神経徴候

●鼓脹

治療



※支持療法

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280