ブルータング(Bluetongue) ~ 反芻動物、主にヒツジおよび頻度は低いのですがウシでの昆虫媒介ウイルス性疾患



ブルータング病(青舌病:BT) は、反芻動物、主にヒツジおよび頻度は低いのですがウシでの昆虫媒介ウイルス性疾患です。


BTは特定のブヨ種やヌカカ等の吸血昆虫によって伝播されるレオウイルス科オルビウイルス属ブルータングウイルスによって引き起こされます。


牛はブルータングウイルスの主要なキャリアですが、感染した牛は一般に疾患の臨床徴候を示しませんが、ヒツジではBTの影響がより重度で、最も高頻度です。


伝播:ブルータングウイルスは、吸血昆虫を介して感染し、異なる動物種間で伝染することができます。


牛は子宮内で子牛に感染し、胎児は妊娠60~140日で最も影響を受けやすくなります。また、感染した精液は牛に感染する可能性があり、その結果、病気が雌牛に移り、次に子牛に移ります。

症状



●発熱

●唾液分泌過剰

●食欲減退

●顔面浮腫

●嚥下障害

●鼻汁漏出

●呼吸困難

治療



※支持療法

予防



※水溜り、水はけの悪い場所、雨水で満たされた瓦礫など、蚊やブヨなどの吸血昆虫の誘引源を最小限に抑える。

※昆虫が最も活発に活動する日中は屋内で牛を飼う。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280