ブルータング(Bluetongue) ~ 反芻動物に感染するウイルス性の病気



ブルータング:Bluetongueは、ウシ、ヤギ、ヒツジ、シカ、バッファロー、カモシカなどの反芻動物に感染するウイルス性の病気です。


日本では「青舌病」とも呼ばれます。病原はレオウイルス科オルビウイルス属ブルータングウイルスで、26以上の血清型が確認されています。


サシバエやヌカカなどの「吸血昆虫」によって感染し、接触感染することは無いとされています。ヒトへの感染例は報告されていません。 


ブルータング病が初めて報告されたのは、1870年にヨーロッパの羊が南アフリカに輸入されたときでした。


これは世界中で散発的に発生しており、発生は一般的に、媒介動物個体群(クリコイデス:Culicoides属:サシバエ属)が最も高い時期に発生し、温帯地域では晩夏、熱帯および亜熱帯地域では一年中発生します。


Culicoidesは主に夕暮れと夕方に摂食するので、この時期には動物を牧草地から追い出す必要があります。

症状



●発熱

●唾液分泌過剰

●食欲減退

●顔面浮腫

●嚥下障害

●鼻汁漏出

●呼吸困難

治療



※支持療法

予防



※媒介昆虫が最も活発に活動する時期に牧草地から除去する。

※化学昆虫忌避剤

※ワクチン接種

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280