藍藻の毒性(Blue-green algae toxicity) ~ 牛は汚染された水を飲むことによって中毒になります



藍藻は、シアノバクテリアとも呼ばれ、バクテリアと植物の両方に似た微生物です。


シアノバクテリアは、牛にとって非常に有害な二次代謝産物であるシアノトキシンを含む有毒な藻類を発生させます。


シアノトキシンにはいくつかの種類がありますが、主に牛の肝臓(ミクロシスチン、ノジュラリン、シリンドロスパーモプシン)や神経系(アナトキシン、サキシトキシン)に影響を与えます。


藻類の異常発生は、世界中の淡水や汽水域で発生しますが、通常は池や掘割で見られるような栄養分の豊富な穏やかな水域で発生します。


また、小さな淀んだ水たまりや水桶でも発生することがあります。暖かな日差しの下、温度条件が50~86℉(10~30℃)、リン濃度が高く(30マイクログラム/L以上)、水の窒素含有量が多い場合に発生します。


牛は、汚染された水、通常は停滞した水源の風上側から飲むことによって中毒になります。中毒の症状は、摂取した毒素の種類によって異なります。


●神経毒のシアノトキシン

(神経系に関連する)は、筋肉の震え、運動量の減少、呼吸困難、痙攣などを引き起こし、多くの場合は突然倒れて死に至ります。


●肝毒性シアノトキシン

(肝臓に関連する)は筋力低下、血性下痢、粘膜の蒼白、精神障害を引き起こし、最終的には死に至る。

症状



●虚弱

●運動失調

●血性下痢

●光増感性

●崩れるように倒れる

●突然死

●呼吸困難

●唾液分泌

●粘膜の蒼白

●体重減少

●筋肉の震え

●痙攣

治療



※活性炭

※アトロピン

※対症療法と支持療法

予防



※藻類が存在する可能性のある風下の水飲み場をフェンスで囲みます。

※硫酸銅を水に均等に添加する(水中の推奨最大濃度は1ppm)

※湿度の高い時期には水桶を定期的に清掃する。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280