藍藻の毒性(Blue-green algae toxicity) ~ ヤギは汚染された水源の水を摂取することで中毒を起こします



シアノトキシンとしても知られる藍藻(シアノバクテリア)が生産する毒素の総称です。水の華、アオコを形成するシアノバクテリアに毒素を生産するものが多く、汚染された水を飲んた家畜や人が死亡した例も多い。


毒素を生産する酵素の遺伝子はまとまったオペロンを形成して、水平移動や脱落をくり返すため、近縁種でも生産する株としない株がいます。


また、魚や貝に蓄積され、貝毒の原因などにもなります。シアノトキシンにはいくつかの種類がありますが、主にヤギの肝臓(ミクロシスチン、ノジュラリン、シリンドロスパーモプシン)または神経系(アナトキシン-a、サキシトキシン)に影響を与えます。


シアノバクテリアの異常発生は、世界中の淡水源、通常は池や掘りなどの高栄養価で淀んだ水場で発生します。有毒なシアノバクテリアの異常発生の頻度と深刻度は増加しています。これらは高温で乾燥した天候と関連しています。


ヤギは、これらの汚染された水源の水を摂取することで中毒を起こします。症状は、摂取した毒素の種類によって異なります。


神経毒性のあるシアノトキシン(神経系に関連している)は、筋肉の震え、運動低下、呼吸困難、痙攣を引き起こし、多くの場合、突然倒れて死亡します。


肝毒性のあるシアノトキシンは、筋力低下、血性下痢、粘膜の蒼白、精神障害を引き起こし、最終的には死に至ります。生き延びたヤギは体重が減ったり、光感作(光アレルギー)を起こしたりします。

症状



●歩行異常

●筋肉の麻痺

●痙攣

●呼吸不全

●運動低下

●肝障害

治療



※活性炭

※アトロピン

※対症療法および支持療法

予防



※藻類が存在する可能性のある風下の飲用エリアに立ち入らないように囲います。

※硫酸銅を水に均等に追加します。

※湿度の高い状態では、定期的に水槽を掃除します。

スポンサーリンク
336×280