ぺっとくすり

藍藻中毒 ~ 重度の神経障害や肝障害を引き起こす

藍藻中毒 ~ 重度の神経障害や肝障害を引き起こす
藍藻中毒 ~ 重度の神経障害や肝障害を引き起こす



藍藻(シアノバクテリア)は信じられないほど毒性が強く、ニワトリ、アヒル、野生生物、犬、猫、鳥、魚、そして人間にも中毒を引き起こすことが知られています。


多くの人は、これらの毒素が動物に与える影響の深刻さを知らず、しばしば見過ごされています。藍藻中毒のほとんどの症例は、夏、淡水が暖かく(24℃を超え)晴れているときに発生します。ニワトリは有毒な藍藻を含んだ水を摂取することによって中毒になり、重度の神経障害や肝障害を引き起こすことがあります。

臨床兆候



●青緑色のしみ

●呼吸困難

●虚弱 衰弱

●青白い顔、鶏冠、肉垂

●血性下痢

●体重減少

●筋振戦(筋肉の震え)

●倒れる

●痙攣

●突然死

治療



●支持療法


群れから鳥を隔離し、安全で快適な、暖かい場所に置き、新鮮な水と食べ物を与えストレスのない生活をさせます。


●活性炭


必要に応じて2.8g/kgを経口投与

予防



●定期的に清潔な水を与える。特に高温多湿の気候条件で

●汚染されている可能性のある天然または人工の停滞水(池、湖、沼地など)へ鶏を近寄らせない。

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280