ぺっとくすり

ニワトリの失明 ~ 障がいを持って生まれたりしたニワトリでも幸せで健康的な生活を送ることができる



ときに、ニワトリは失明したり、目がなくても孵化したり、片目または両目の病気や損傷の結果失明することがあります。人間と同じように、盲目は物事をより困難にしますが、幸せで健康的な生活を送ることができる多くの盲目の鶏がいます。


障がいを持って生まれたりしたニワトリは、盲目のニワトリを飼って世話をし続けてきた多くの人々のように、すぐに捨ててはなりません。

ニワトリの失明の症状



※ニワトリの視覚障害の徴候には、次のようなものがあります。


●物にぶつかる

●どこに行けばいいのかわからないようになる

●空気をつつく 

●不器用  

●不安 抑うつ

●活動の減少

●瞳孔の拡大または不整形

●目の濁りや変色

鶏の失明の診断



ニワトリが失明しているかどうかを調べるために行うことができる迅速で簡単な検査は、患眼に向かって指をゆっくりと(空気の流れを感じて動きを感じることができるので、急な動きは使わない)動かすことです。

臨床兆候



●濁っていたりまたは変色した眼

●瞳孔の形状の異常または不均等

●外部刺激に対する反応がほとんどない

●目の前にある食物や水を認識できない

●孵化したばかりのヒヨコの鳴き声に一貫性がある

●物にぶつかる

●活動の減少

●不器用さ

●空気をつつく動作

治療



●管理の変更


●盲目のニワトリを捕食者の攻撃を受ける危険性の高い場所に放し飼いにしてはいけません。盲目のニワトリは簡単に捕食されてしまいます。


●捕食動物が鶏に近づくことができないように、安全で限られた場所で管理する。


●群れの社会階層を毎日監視して、盲目のニワトリが他の鳥にいじめられないようにします。盲目の鶏がそばにいる仲間を見つけて守ってくれることも多いが、そうでない場合もあります。


●盲目のニワトリの体重増加率や、他のニワトリが全部食べる前に餌を手に入れるのに苦労している場合に、体重が減少するかどうかを観察しておきます。

予防



呼吸器疾患の初期徴候を示すニワトリは、多くの場合慢性副鼻腔炎を引き起こし、失明に至ることがあるので、迅速かつ適切に処置します。

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280