黒グルミの毒性(Black Walnut Toxicity) ~ 馬の寝床に使われる木屑に、わずか20%の黒グルミが含まれているだけで、馬の蹄葉炎を引き起こします



黒グルミ(ユグランス・ニグラ:Juglans nigra)は大木で、観賞用や広葉樹として植えられることが多い。


馬の寝床に使われる木屑に、わずか20%の黒グルミが含まれているだけで、馬の蹄葉炎を引き起こします。花粉が飛散している時期(通常5月)に黒グルミの木に近づくと、馬にアレルギー症状が出ることがあります。


黒グルミの樹皮をかじった馬が疝痛や呼吸困難に陥ったという報告もあります。

毒素の原因



馬の黒グルミ中毒の原因となる化学物質はユグロン(juglone、ジュグロン)であり、これは木が作り出す天然のフェノール化合物です。


この毒素は、馬が木屑の上に立っている間に蹄冠帯や皮膚から吸収されると考えられています。


また、牧草地の排水や造園にウッドチップ(木くず)を使用する際には、これらの製品が黒グルミの木から生成されることがあるため、馬主は注意を払う必要があります。

臨床徴候



黒グルミ中毒の臨床症状(蹄葉炎に関連する)は、通常、毒素への暴露後8~18時間以内に発現します。

症状



●反跳脈(バウンディング パルス)

●体重を後肢に移す。

●奇妙な姿勢

●跛行

●下肢の腫れ

●呼吸窮迫

●食欲不振

●疝痛

●嗜眠

診断



●病歴 – 最近の新しい敷科素材を使用したか?

●臨床兆候

●臨床検査

●X線写真

治療



※源(元)からの削除

※二次合併症の治療

※支持療法

予防



※木屑は信頼できる業者からのみ購入する。


※牧草地に侵入する可能性のある雑草や、馬にとって有害な植物の種類を知っておきましょう。


※牧草地を定期的に散歩して、潜在的に有毒な植物の存在を確認する。


※干し草に乾燥した有毒植物が含まれていないことを確認する。


※農機具を貸し借りする場合は、敷地に到着する前に、その農機具がきれいになっていることを確認してください。


※新しい動物は、到着後10日から2週間は別のパドックで隔離してください。雑草の種は動物の消化管を通過する可能性があります。

予後



他の原因の蹄葉炎に比べて良い。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280