ニセアカシアの毒性(Black Locust Toxicity) ~ すべての部分に毒性があります



ニセアカシア(ロビニア・プセウドアカシア:Robinia pseudoacacia)は、成熟すると高さが12~30メートルに達する観賞用の木です。


苗木は急速に成長し、長い対になったトゲで簡単に見分けることができます。


葉は濃い緑色で、楕円形から丸みを帯びた形をしており、茎に沿って交互に並んでいます。春には先端が黄色の香りのよい白い花が垂れ下がって咲きます。


雑木林や荒れ地、水はけの良い林などによく見られ、種子、葉、樹皮、小枝など、すべての部分に毒性があります。


主な有毒成分はロビンで、とうごま (唐胡麻)やとうあずき (唐小豆)に似た植物性の毒素です。馬は通常、他に食べ物がほとんどない場合を除き、木の一部を食べることはありません。体重の0.04%でも食べれば致命的です。

症状



●筋力低下

●下痢

●努力呼吸

●心拍数の増加

●沈鬱

●疝痛

●便秘

●不整脈

診断



●病歴

●臨床兆候

●剖検-胃腸管または血液中のロビンまたはニセアカシアの種子または植物成分の同定。

治療



※さらなる摂取を防ぐ

※活性炭

※静脈内輸液

予防



※牧草地に侵入する可能性のある雑草や、馬にとって有害な植物の種類を知っておきましょう。


※定期的に牧草地を散歩して、毒性植物がないか確認する。


※干し草に乾燥した有毒植物が含まれていないか確認する。


※農機具を貸し借りする場合は、敷地に到着する前に、その農機具がきれいになっていることを確認してください。


※新しい動物は、到着後10日から2週間は別のパドックで隔離してください。雑草の種は動物の消化管を通過する可能性があります。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280