ゴーヤ ~ 果実と種子の両方に強力な下剤であるモモルディシンが含まれている



ゴーヤ(モモルディカ・カランティア:Momordica charantia)は、ウリ科の熱帯・亜熱帯のつる性の一年生草本です。


黄色い小さな花を咲かせ、長さ3センチ~7センチのオレンジ色の繊維状の果実のさやをつける。果実の内部には、赤色のゼラチン状の物質があり、真っ赤な種子を覆っています。


果実と種子の両方に、苦味と強力な瀉下作用(下剤)のあるモモルディシンが含まれています。また、果実には低血糖を誘発する強い化学物質であるチャランティンが含まれています。

症状

発作
抑うつ
青白い鶏冠
筋肉の震え
首の痙攣
横臥位

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280