ベルジァン・ヘーア Belgian Hare

ベルジァン・ヘーア
ベルジァン・ヘーア



ベルギー原産のもの。野兎(Hare)に似ているところから、Belgian Hareと命名されました。


イギリスおよびアメリカにおいて大型(約3kg)に改良された肉用種です。

ベルジァン・ヘーアの外観



毛色は赤褐色(rufous red)といい、野兎の色に赤味を加えた色調です。毛は密生していますが、少し粗剛です。


体型は、ふつうにとる姿勢が、腰の高い体型であり、これは他の品種にみられないところです。体重は平均約4kg。

能力



肉量は多くはありませんが、肉味はきわめて良好。


早熟、多産といわれていますが、神経質で、その上、呼吸器が弱いともいわれています。あまり飼いやすいウサギではない。

分布



ベルギー、イギリス、アメリカに分布しています。本邦にも何回となく輸入され、第二次大戦中に毛色がカーキー色に近く、軍当局の要望もあって、奨励されたことがありましたが、続きませんでした。


毛皮そのものの価値はそう大ではない。

スポンサーリンク
336×280