ハチ刺傷(Bee Sting) ~ ミツバチ毒の致死量は体重1キログラムあたり20回刺されると推定されています



時折、牛がミツバチに刺されることがあります。ミツバチの毒は、高分子量のタンパク質、ペプチド、様々なアミン、単純な有機分子、その他の生理活性成分で構成されています。


ほとんどの場合、単一の刺傷である場合、牛は痛み、腫れ、発赤、かゆみ、刺傷でできた傷の周囲を囲む膨疹の形で、軽度の局所反応を経験することがあります。


しかし、時には牛が毒に対してアレルギー反応を起こすこともあり、臨床症状に早期に気付き、迅速な治療を行わなければ、牛の生命を脅かす可能性があります。


反応の重症度は、毒の用量と関連する臨床症状に直接関係しています。ミツバチ毒の致死量は、体重1キログラムあたり20回刺されると推定されています。


局所反応と重篤な全身疾患の2種類の反応がハチ刺されに関連しており、通常は毒性によるものではなく、IgEを介したアナフィラキシーが原因となっています。


全身性疾患の影響としては、血管内溶血、横紋筋融解症、急性腎不全、心筋障害、肝障害、急性呼吸窮迫症候群、播種性血管内凝固症候群などが考えられます。

症状



●腫れ

●頻脈

●発熱

●筋肉痛

●倦怠感

●嘔吐

●痛み

●発赤

治療



※冷水またはアイスパック

※抗ヒスタミン薬

※アロエベラジェル

※外用もろみ酢

※デトミジン

※ブトルファノール

※フルニキシンメグルミン

予防



※蜂の巣の駆除

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280