ペンステモン(釣鐘柳) ~ 急性または慢性のセレン中毒を引き起こす



ペンステモン(ペンステモン属:Penstemon spp)は、別名ヤナギチョウジ、ツリガネヤナギ、250種類以上の原種があり、木立ち性のものから這い性のものまで形状はさまざまで、披針形の葉と鮮やかな色の筒状の花穂が特徴です。


多くは落葉性または半常緑性の多年草で、残りは低木または亜低木です。


主に北極地方が原産。


セレンが過剰に蓄積されることで知られます。


過剰なセレンは家禽類に毒性があり、急性または慢性のセレン中毒を引き起こします。

症状

跛行

スポンサーリンク
336×280