嘴の損傷 ~ 環境を変更してさらなる損傷を防止します



ニワトリが嘴にダメージを受ける最も一般的な場面は、他の鶏群との戦い、金網やその他の小さな空間に挟まること、捕食者の攻撃などです。


嘴による損傷は、嘴の側面の軽いへこみから部分的な嘴の欠損まで、さまざまです。嘴の損傷は、初期にも長期的にも起こりうる結果をもたらすことがあります。


初期の合併症には、摂食量の減少、活動性の低下、疼痛などがあります。長期的な影響としては、特に損傷が迅速かつ正確に治療されなかった場合に、嘴が二次的に変形する可能性があります。

ニワトリの嘴の解剖学



ニワトリは円錐形で適度に曲がった嘴をもっています。正常では、上顎骨の先端(嘴の上部)が下顎骨(嘴の底部)とわずかに重なり、嘴はいくつかの異なる構造と層で構成されています。


角質はくちばしの外側の部分を取り囲み、内側の軟部組織、真皮、骨を保護しています。下の嘴を覆うケラチンは下嘴(Gnathotheca)と呼ばれ、上の嘴のケラチン層は上嘴鞘(rhinotheca)と呼ばれます。ケラチンは嘴の真皮で作られる硬い皮膚表面です。

治療



嘴の損傷による治療法は、損傷の程度によって異なります。軽度の嘴の損傷であれば、嘴へのさらなる損傷を防ぐために鳥の環境を改善する以外は、治療はまったく必要ありません。


これには、特定の鶏を互いに分離する等の対策が必要でしょう。より広範囲に及ぶ嘴の損傷の場合は、傷のケアと嘴の再建のために、鶏を連れてきて獣医に診てもらう必要があります。


嘴再建法は、嘴先端を安定させるための小さなピンの有無にかかわらず歯科用アクリルで充填する方法から、3Dプリントの使用まで、多岐にわたります。

臨床兆候



●くちばしのひび割れ

●出血

●くちばしの部分的な欠損

治療



●環境改変


環境を変更して、さらなる損傷を防止します。


●角質化した外皮のみが損傷した場合


多くの場合、エポキシ樹脂接着剤、瞬間接着剤、骨セメントを使用して所定の位置に接着できます。


●嘴の再建


損傷の程度に応じて、ニワトリは3Dプリントされた人工の嘴を必要とするかも知れません。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280